トラック買取のトラブル案件を紹介!後悔しない優良業者選び


トラックを売却する際、「無料出張査定と書いているけど、本当に無料なのか?」「本当は手数料がかかるのでは?」など、気になることは沢山あります。
殆どの買取業者さんが優良営業をしているのですが、極々稀にグレーゾーンのような会社もあり、実際にトラブルが起こっているということもチラホラと聞きます。トラックを売却する時、どんなトラブルがあるのか?後悔しないため、優良業者さんを選ぶのはどこを見たらよいのか、ということについて探りを入れてみました👍売りたい時の参考になれば嬉しいかぎりです!

“トラブル案件事例”

引き取り手数料でマイナスに

トラックが売れてひと安心、「これでトントンか、ちょっと利益が出るかな?ウホッ」と思ったら、後から引き取り手数料や陸送料金を請求されてしまい、結果としてマイナスになってしまって損をした😣まぁ、酷いもんですがよくあるパターンです。

意味不明な手数料を請求された

無料出張査定と謳っているにもかかわらず、金額に折り合いがつかなかったため最終的に売るのを断ったら、「出張は無料ですが、◯◯の手数料がかかります」など、なんやかんやと難癖をつけられて別途請求をされた。
また、ネット査定をして高額だったから実車に査定に来てもらった。すると、色々とケチをつけられ、金額がびっくりするほど下がってしまった。金額に満足いかなかったから断りを入れるとキャンセル料を請求された⤵

名義変更がされていなかった!

古いトラックが売却できて嬉しいと思ったが、その後来るはずの名義変更手続き完了書類が来ない!どうしたもんかと尋ねてみたら、まだしていませんと・・・。催促をしたらようやく来た。これはまだ増しです(笑)。
別のケースでは名義変更をしておらず、売った車輌で事故を起こされてしまい、警察から事情を聞かれたことなどがあったり、酷い場合、責任の一部が名義人に降りかかることもあるので要注意です✋

会社のロゴが消されていなかった

「ロゴマーク・社名消します」と公言しているのに、消えていなかった事例も。事故を起こしたり、何か別件でトラブルを起こされた時、その会社に責任はなくとも、マイナスイメージがついてしまうこともあります。
たまにテレビでも日本のロゴマークをつけたトラックが海外で走っていることも・・・。海外ならまだしも、日本でそれをされたらたまったもんじゃありませんよね😥

“安心できる売却方法”

売る前に会社の下調べを

重要なのが会社の所在地、代表者氏名、会社概要などが明記されていること。そして、「個人情報保護方針」なども記載されているかどうかを確認してください。

本当に出張無料なのか言質をとる、記録する

今では殆どの業者さんが「出張無料」を謳い文句にしていますが、上記したように出張無料にならなかったトラブルもあります。事前にトラブルを回避するために、メールなどで「本当に無料なのか」という言質をとるのが良いでしょう。もちろんメールを消してしまったりはいけません。

どんな料金が発生するのか?

よくあるのが「契約が完了したら出張・査定無料」と書いてある場合も。これは“契約が完了しない限りキャンセル料が発生します”、“出張費用は有料になりますよ”という誤解を招くような書き方です。ここの部分の説明はきちんとしてもらわないとトラブルが起きることも。一番揉めるお金に関することはちゃんと聞いておかないといけません!
ただし、優良な業者さんでもキャンセル料や別途費用がかかる場合もあります。ここが重要なポイントなんですが、優良業者さんの場合は「キャンセル料が発生します」や「売却時に運送料を引かせていただきます」などの文言が分かりやすく書いてあります👍事前に書いてあって納得がいけば、揉めることも防げますよね😊

信頼できる口コミ情報や顧客満足度

一番良いのが口コミなどの情報です。友達が「◯◯という会社に売って高額だったし、対応も良かった」などと聞くと安心して売却できますよね。また、その会社に売却した人の口コミや顧客満足度、そして年間の取引台数などを見ていけば、なんとなく良い会社なのかどうかが分かります✌

 

 

トラック買取が強いのは「カーセンサー」!

トラック買取ランキング査定依頼が一度の入力で近隣にある複数の業者に行なえます。やはりたくさんの業者から査定依頼をもらった方が高い業者が見つかる可能性が上がります。高額で買取を競わせるならこのサイトがおすすめです!  
★一度に多くの業者に依頼!
★近隣の業者が見つかる!
★上場会社なので安心!

カーセンサー公式ページへ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。