トラック買取は35年の実績の山田車輌で高額に!


中国・四国地方を中心に活躍しているトラック買取の山田車輌。「真面目にトラックの買取をして創業35年」というのは、かなりの実績です。しかも、お客さんの買取満足度は95%と相当高い水準を維持しているのが凄い!この山田車輌は本当にどこよりも高額で買い取ってくれるのでしょうか?その秘密を探ってみました!

山田車輌は毎月限定50台しか買い取らない

なぜ、限定50台なのか?もっと買い取れば儲かるのに・・・と思ってしまいます。その理由は、海外に輸出する船便に買取台数を合わせているからなんです!物流コストを抑えるために買取台数を限定し、高額買取に繋げているんですねぇ。また、無駄なコストをお客さんに還元するため、中間業者を入れない直接買取をしているのも高額買取の要因の一つです。

自社整備工場と部品販売で

自社で整備・修理など何でもできるのが強み。「買い取ったトラックは徹底的に整備」「故障した車輌は修理して販売」「どうやっても動かないような不動車の場合は部品を取って活用」「Webを使って販売し、コストを限界まで削減」・・・と、トラックの部品一つひとつを無駄にしない、まさにエコな会社です😁

山田車輌の買取エリアは全国どこでも

中国・四国地方を中心に一部兵庫県などを中心に買取を行なっている山田車輌ですが、実際の買取エリアは全国どこでもOK。出張可能です👌まずは相談してみましょう!

無駄な手数料は一切不要

「査定」「相談」「見積り」「出張」「名変」「通話料」「書類手続き代行」など、各種手続きの費用は一切かかりません。だから、安心して相談できるのがありがたい😊

査定申込の方法と買取までの流れ

査定申込方法は「電話」「FAX」「ネット」からの申し込みができますので、お好きな方法を選んでください。査定の流れは以下の通り。
①申し込み⇒査定金額等の連絡⇒現地査定⇒引き取り・・・というのが査定から買取までの流れです。

ちなみに「ネットフォームからの査定」で「トラックの形状」、「走行不具合」(ある・なし)、「売却希望期間」、「事故歴」(ある・なし)、計器類(異常あり・なし)、ローン残債(ある・なし)を入力して査定をお願いした場合、査定金額が1万円アップするという特典が嬉しいです(もちろん車輌情報と個人情報の入力は必須)。

山田車輌の“凄い”買取実績

買取実績というものは、売る側としてはHPに金額や車輌を挙げていてくれていれば参考になります。ですが、実際にHPに挙げてくれているところは少ないのが現状です。しかし、山田車輌は堂々と買取実績をアップしてくれています!これは、売る時の参考になりますよ👍

🚚いすゞ(大型ダンプ):平成8年式、型式CXZ81K1D、走行距離80.1万km⇒270万円。
🚚いすゞ(エルフ穴掘建柱車):平成4年式、型式NPR61GYN、10.7万km⇒145万円。
🚚いすゞ(エルフタンクローリー):平成4年式、型式NKR58E、走行距離22.6万km⇒48万円。
🚚いすゞ(フォワード・クレーン付):平成7年式、型式FRR32K2、25.5万km⇒160万円。
🚚いすゞ(エルフ冷蔵冷凍車):平成14年式、型式NPR72LAV、走行距離77.8万km⇒63万円。
🚚いすゞ(エルフ平ボディ):平成14年式、型式NKR66EA、走行距離48.8万km⇒39万円。
🚚三菱ふそう(大型ダンプ):平成7年式、型式FV419J、走行距離15.2万km⇒210万円。
🚚三菱ふそう(大型タンク):平成6年式、型式FT418L、走行距離96.1万km⇒140万円。
🚚三菱ふそう(キャンターダンプ):平成9年式、型式FE518BD、15.6万Km⇒66万円。
🚚三菱ふそう(キャンター平ボディ):平成9年式、型式FE649E、28.7万km⇒62万円。
🚚日野(大型アルミウィング):平成9年式、走行距離(不明)⇒120万円。

 

トラック買取が強いのは「カーセンサー」!

トラック買取ランキング査定依頼が一度の入力で近隣にある複数の業者に行なえます。やはりたくさんの業者から査定依頼をもらった方が高い業者が見つかる可能性が上がります。高額で買取を競わせるならこのサイトがおすすめです!  
★一度に多くの業者に依頼!
★近隣の業者が見つかる!
★上場会社なので安心!

カーセンサー公式ページへ




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。